カテゴリ:つれづれ( 23 )

a0015132_6484172.jpg
ナセル湖(アブシンベル)で 2007年最後の満月を見ることができました。
長年行きたかったエジプトでクリスマスを過ごし、新年は日本で迎えます。
a0015132_883169.jpg

光陰矢の如し。。。ブログを始めて4度目の新年のご挨拶をする時期になりましたが 2007年も無事に過ごせた事を感謝すると共に、実生活、ブログでいろいろとお世話になりましてありがとうございます。 
細々と続けている拙いブログですが、海外生活の息抜きとして これからも綴っていきたいと思いますので よろしくお願い致します。

皆様にとって しあわせな2008年になりますようお祈り申し上げます。
a0015132_6492014.jpg

[PR]
by halfmoon81 | 2007-12-31 07:55 | つれづれ
a0015132_10151132.jpg
今週からぐっと冷え込んできたロンドン、、、今夜は2℃まで下がるようです。
気がつけば、イギリスでの生活も3年が過ぎ 子供の成長と反比例して○○化していく私。

娘が16歳のお誕生日を迎える今週、週末はちょうど寄宿学校から自宅に戻ってくる週と重なり、合同バースデーパーティー&お泊りの予定らしい。ロンドン郊外に住んでいる子達も多いので パーティーの後 いろんな子が家に泊まりに来る。 (パーティーは夜8時、9時から始まり深夜まで続く!)

こちらのTeenager 達は 高校生になると大人と同じに振舞えると思っている勘違いしているらしく、どんどん大胆&派手になっていく。 好意的に考えれば、私が高校生だった頃と比べて ○本木→Sloane界隈, disco→club, K、A校(男子校)→E, H校(男子寄宿学校)って置き換えられなくはないけれど それにしても、門限(curfew) がAM1時、2時って遅すぎ。
 
Facebook (Teenager 向けSNSで欧米を中心にユーザー約5千万人といわれています) や携帯textの普及で、Teenagerの子供の友達関係を把握するのはほぼ不可能。 同じ学校の子だけではなく、いろいろな学校の子ともパーティーとネットを通じて友達になるから。 今週になって、知らないイギリス人の女性達からよく電話がかかってくる。 話してみると、娘の友人のお母様達で今週末のパーティ&ステイについて。 いつ、どこで、誰と、何を??? まるで伝言ゲームのよう。 結局は 自分の子供を信じるだけ。 国籍は違っても 親にとって、年頃の娘達の心配は皆同じで 少し安心。 今になって、自分の母親の気持ちが身にしみて分かります。

人生の中で 一番楽しくてキラキラしているこの時を 大切に過ごしてほしい。
あなたが これからも 心身ともに元気でいてくれることを 祈って。 

Happy sweet Sixteenth Birthday ♪
a0015132_9294287.jpg

[PR]
by halfmoon81 | 2007-11-14 00:09 | つれづれ
a0015132_9281217.jpg

夏至の日、午後10時頃のロンドンの空です。

先日、The lives of others というドイツ映画を観に行きました。 ハリウッド映画のように派手に宣伝をしないので見逃してしまうこともあるのですが、最近のドイツ映画は印象深いものが多くて楽しめます。 以前はイギリス映画も、地味ながら味わい深いものが多くありましたが 最近はハリウッドっぽい映画が増え、食生活同様 アメリカの強い影響力が感じられます。

 

最近、
[PR]
by halfmoon81 | 2007-06-22 10:34 | つれづれ
a0015132_22345283.jpg
ご無沙汰しています。
ロンドンは新緑と色とりどりの花に包まれ 一年で一番美しい季節を迎えています。

先日、夫の母が自宅で皆に見守られながら 息をひきとりました。
羨ましいほど仲のよかったご主人(10年前に他界)の写真を しっかり握り締めていたのが印象的でした。

末期の患者さんに対する医療や精神的なケアー、葬儀など 日本とはずい分違った面もありましたが、なによりも本人の意思を尊重するという考え方が こちらでは共通していて、個人主義の確立した欧米の流儀なのだと思いました。

Joan, たくさんの素敵な想い出を ありがとう。
a0015132_014429.jpg



 A THOUSAND WINDS (千の風になって)

 Do not stand at my grave and weep;
 I am not there, I do not sleep.

 I am a thousand winds that blow.
 I am the diamond glints on snow.
 I am the sunlight on ripened grain.
 I am the gentle autumn's rain.

 When you awaken in the morning's hush,
 I am the swift uplifting rush
 Of quiet birds in circled flight.
 I am the soft stars that shine at night.

 Do not stand at my grave and cry;
 I am not there, I did not die.


   
a0015132_07693.jpg
(Joan の大好きだったブルーベルの花)

[PR]
by halfmoon81 | 2007-05-12 21:45 | つれづれ
a0015132_7405622.jpg
3月3日は久しぶりに ぬけるような青空が広がり、春の訪れを感じました。 娘はボーディングスクールに行っているので、基本的に2週間に1回しか週末に帰ってきません。今週はちょうど帰ってくる週だったので、お友達をよんで 雛祭りをしました。 私は、日本の行事の中で 雛祭りが一番好きです。
いくつになってもお人形を飾るのはわくわくするし、これから春だと思うと 元気がでるような気がするからです。 この兎のお雛さまも3回目のブログ登場です。(置き方が逆でした。。。)

a0015132_7415720.jpg

2年半前は イギリスに来たばかりで知り合いもほとんどいないうえ、娘は家にいないし、夫も海外出張が多く(今でもですが) 寂しくて何度日本に帰ろうかと思ったことか。。。 子育て中は、早く子供が大きくなって 一人の自由な時間が欲しいとあんなに思っていたのに、 いざそうなってみると心にぽっかり穴があいてしまったような、なんとも心許ない気分になってしまいました。 

a0015132_7423790.jpg
幸い同じような環境のお友達に恵まれ、一緒にお稽古やコンサートに行き、そのうち慣れるから大丈夫!と励ましてもらいました。 そうは言っても なかなか慣れなかったのですが、最近やっとふっきれてきた感じがします。 考えてみると、心細い海外生活で 日本に住んでいた時以上に、子供に依存していたような気もします。 子供はどんどん成長しているのに、私は同じところをぐるぐる回って疲れてしまっていたのでしょうね。

a0015132_10155849.jpg

ボーディングスクールでは 音楽・スポーツ・語学と何でもレッスンの先生をアレンジしてくれるので たまに家に帰ってきた時には何もしないでリラックスしたい、という娘ですが、ピアノのレッスンだけは 家でも続けています。 

イギリスでは、音楽やバレエ、ドラマにはグレード1~8の段階があって 全国共通の試験があります。グレード8の次には、ディプロマという資格があり 50分のコンサートプログラムを課題曲の中から選んで弾くそうで、娘はそれを受けてみたいそうです。 練習は嫌いだけれど ピアノは好きというワガママな娘を理解して、楽しく、そして一生懸命に指導して下さる コンサートピアニストでもある先生に感謝しています。 
私もオマケで習っていますが、 これは老後の楽しみのためです(笑)
[PR]
by halfmoon81 | 2007-03-05 07:12 | つれづれ
a0015132_1993534.jpg
わたしを束ねないで
a0015132_19405280.jpgあらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂
(中略)
わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名で しつらえた座に
坐りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
コンマやピリオド いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする
手紙のようには
こまめにけりをつけないでください
わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩
                              by 新川和江

ごめんなさい、束ねちゃって、、、
先日のお花のレッスンはハンドタイ(hand tied) ブーケでした。
最近のブーケは ワイヤリングして形作るのではなく、ステムを使った自然な流れが人気だとのこと。 楽しかったです。
[PR]
by halfmoon81 | 2006-05-03 19:18 | つれづれ
a0015132_22451342.jpg
久しぶりに気持ちよく晴れたロンドン、、、まだ寒いけれど、外に出て思い切り 深呼吸をしました。 ふ~~ 朝出かける前に 急いでおひなさまを飾りました。

実家では 虫干しもかねて、お雛様は必ずお天気の良い日に だしていました。 春の柔らかな日差しの中、薄い紙を剥がしながら 縁側にお雛様を並べていくのが嬉しくてしょうがなかった子供の頃。 段飾りの赤い毛氈の中に入って、妹とよく遊んでいました。

母の作ってくれたうさぎのお雛様を探していると、自分で作ったお雛様も発見。 すっかり忘れていましたが、娘が幼稚園の頃、お友達のお母様達と一緒に作ったのを思い出しました。 かれこれ10年前、、、あの頃は若かったなぁ。。(遠い目)

毎年、繰り返される季節の行事は 季節の変化を教えてくれると同時に、家族が毎日無事に過ごせる事、日々の子供の成長を改めて感謝する日でもあるのでしょう。 今年もちらし寿司と和菓子でお祝いします。
a0015132_22453952.jpg

[PR]
by halfmoon81 | 2006-03-01 02:03 | つれづれ
a0015132_0183078.jpg
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


       「おんなのことば」 by 茨木のり子
a0015132_0191410.jpg

久しぶりに仕事のプレッシャーで眠れなかったりします。
焦れば焦るほど、アイデアも文章も浮かばず。
こうなることは分かっていて、追い詰められるまで現実逃避。
私は、いつまでたってもアリとキリギリスのキリギリス。

こんな時、彼女に叱咤激励してもらいます。
御歳80歳。
流石です。

不惑の年代、なんて甘えていてはまだまだですね。。。
[PR]
by halfmoon81 | 2006-02-06 00:22 | つれづれ
a0015132_7442085.jpg

今日 学校で、この春定年退職をして 9月から2年間の予定でイギリスに留学している日本人の女性の方にお会いしました。 ご主人の面倒(?)は、社会人のお嬢さんが見てくれるとの約束で、こちらで Master を取ったら 日本の大学の博士課程に進む予定だそうです。

「時間がかかったけれど、やっと夢がかなったのよ」 と淡々と言う彼女の目は輝いていて、笑顔の素敵な方だな~と思いました。

私は不惑の年代ですが、最近 頓に惑う事が多いです。ある方のブログで、Middle Age Crisis というのを読んで 自分が第二の思春期(思秋期?)とも言われる更年期に差し掛かったのを実感しています。

上手く言えないのですが、繋がっていた20代~30代の頃とは明らかに違うのです。肉体的な衰えよりも、精神的な変化に伴う様々な変容。価値観の揺らぎ。現実的には、子育てが一段落、と思っていたら自分達の親の高齢化による介護の問題等。 その先に見える自分達の老後。 将来、私はどこに住んで何をしているのかな。 娘はどこの国の人と結婚して何をしているのかな。 夫はもっと禿げてしまうのかしら。。。

私が還暦の頃に 夢がかなったと言えるような生き方ができたらいいな、と思った秋晴れの午後でした。
a0015132_7433453.jpg

[PR]
by halfmoon81 | 2005-10-20 07:57 | つれづれ
a0015132_95649.jpg
秋晴れの週末、家の庭の蔦もすっかり色づいてきました。
蔦がこんなに紅葉するなんて知らなかったのですが、秋の柔らかな日差しを受けて眩いばかりです。ちょっと太めのリスも見かけるのですが、すばしこいのでなかなか写真がとれません。 イギリスのリスは冬眠しないと聞いたのですが、本当でしょうか。

今年は5年に1度のショパン国際コンクールが開催される年。10月2日~22日まで ポーランドのワルシャワで行われています。10月17日のショパンの命日には ミサも行われるそうです。わずか39歳で亡くなるまでに これだけの名曲を残したのですから、ポーランドでの国民的人気は衰える事がありません。
 
回を追うごとに 日本、韓国、中国などアジアからの参加者が増え続け、今回は過半数を超えたとか。
今回、知り合いの方の息子さん(辻井伸行君・17歳)が参加しています。彼は目が不自由というハンディキャップを乗り越えて 素晴らしい演奏を聞かせてくれます。
AZUSAKさんのブログで このコンクールの様子がこちらのURLで見られると知って 毎日大好きなショパンを聞きながらPCができて幸せ!(タイミングが合えば、Live中継も見られます) 
画像は小さいのですが、コンクールの熱気が伝わってくるようで 秋の夜長にぴったりです。
a0015132_224231.jpg

[PR]
by halfmoon81 | 2005-10-16 09:57 | つれづれ