a0015132_5656.jpg
San Francisco はここ3日間、夏日。
まるでHawaiiにいるような感じで、夏服を着て外を歩ける貴重な日々に私達日本人は大喜びだが、こちらの人達は、「too hot!」を連発。街中を上半身裸で歩いているお兄さん達やタンクトップ&短パンのお姉さん達。なんですぐ、脱いじゃうわけ?!

年平均気温が新潟と同じ(と、娘の教科書に書いてあった)で、家にクーラーがない土地柄、暑さに弱いらしいけれど。

家は海まで徒歩3分。こんな日はBeachへ行ってみたくなる。
色とりどりのヨットが気持ちよさそうに滑って行く。
[PR]
a0015132_8033.jpg
家の庭にレモンの木がある。
毎日採っても、どんどん実をつけて大きくなっていく。
切るととってもよい香りがする。酸っぱさもなぜかマイルド!
レモネードやジャム、お酢の物(の酢の代わり)くらいにしか使わなかったけれど、一本あるだけでずい分重宝したな、、、

もうすぐお別れ。今までありがとう。。。
[PR]
a0015132_61740.jpg
San Francisco は霧の町としても有名。

地形や海流のせいで、晴天でもあっという間に太平洋の方から雲がなだれ込んでくることがある。初めて見た時は、雲がエイリアンか得体の知れない怪獣(?)のようで、怖かった。霧の中に入ってしまうと、昼間でもフォグランプをつけないと、運転できない。さっきまで晴れていたのに、、、本当に不思議な体験。

家は海に近いので、そんな日は霧笛が聞こえてくる。なんとも哀しげな響き。。。
[PR]
a0015132_12433.jpg
San Francisco =GGB と誰もが思うほど有名な橋。

確かに美しい自然と調和して、毎日見ても飽きない。私達がここに赴任してきて、2週間後にあの9・11(NYのテロ)が起こった。つぎの標的は西海岸のGGBだという噂があり、飛行機が飛んでこないか、娘が不安げに青い空を見上げていた。。。

あの時はTVで繰り返し、アメリカの3大悲劇は、真珠湾攻撃・ケネディー暗殺・そして9・11のテロと叫んでいた。はぁ~~?真珠湾じゃなくて、ベトナム戦争じゃないの?人の国に原爆落としといて何言ってるの?と、シラケテイタのを思い出す。そして、懲りずにまた戦争を始めたアメリカ。

どうして、よその国へでしゃばって行って戦争するのか、ずっと疑問だったが、アメリカに住んでみて、理由が分かった、ような気がする。裸の王様、にまだ気が付かない哀れな国。
[PR]
a0015132_133915.jpg
白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ (若山牧水)

San Francisco に住んで約3年、、、もうすぐLondonへ転勤。
SF に来て最初に思い浮かんだのが、この詩だった。

抜けるようなCaliforniaの青い空と海、、、でも、イメージとは違って一年中冷たい北風が吹き抜ける霧の町。あの頃は無性に哀しかった。。。

あと2ヶ月でここを離れる予定なので、SF生活の思い出を徒然なるままに 書き留めたいと思います。 どうぞよろしく。

家族: 英国人の夫 と 中学生の娘
趣味: 楽しい事いろいろ
嗜好: 和風
出身: 東京(麻布)で生まれ育って○○年
[PR]