KABUKI @Theatre National de Chaillot in Paris

a0015132_23414262.jpg
国境の長いトンネルを抜けると仏蘭西であった、、、市川海老蔵襲名披露公演を観に、ユーロスターでパリへ行って参りました。(ついに追っかけをしてしまいました!)

6月の一時帰国の時も 歌舞伎座へ観に行ったのですが、団十郎さんが急病の為、親子共演を観る事が出来ず残念でしたが、今回は病気も回復されたようで 舞台で元気な姿を拝見できて、嬉しかったです。
a0015132_23422254.jpg
パリには、日本文化に造詣の深い人が多く、フランス人で日本語をとても上手に話す方に何人かお会いしたので驚きました。(イギリス人で、そこまで話せる人は少ないのでは、、、)今回の公演も、大評判で切符がすぐに売り切れてしまったそうです。

夕闇に点滅するエッフェル塔と川を挟んで向かいにある 国立シャイヨー宮の劇場が舞台で、演目は 

1 鳥辺山心中 Double suicide au Mont-Toribe
2 口上 Seremonie de la succession au nom prestigieux de Ebizo XI
3 鏡獅子 Lion au miroir


どれも、海老蔵さんの熱演で とても素敵でした。国内で演じる時とはまた違った演出もあり、新鮮で楽しく、あっという間の3時間でした。全てにフランス語の字幕が出ましたし(踊りの時も)、なかでも口上は 舞台に並んだ5人が皆さんフランス語で挨拶をなさったので フランス人も大喜びで盛んに拍手を送っていました。

若干26歳の海老蔵さんは、芸だけでなく姿も声も素晴らしく、特に彼の目の魅力は フランスのプレスでも話題になっていました。あの艶っぽさは、天性のものなのでしょう。
a0015132_035161.jpg

[PR]