Raphael展 @National Gallery

a0015132_21442670.jpg
National Gallery でのラファエロ 展では、さまざまな聖母子像を見ることができます。彼は 16世紀初め、盛期ルネッサンス時代に ミケランジェロと共に活躍した天才ですが 37歳という若さで没しています。 ミケランジェロの力強い美しさに比べると、気品のある優しさを感じます。

a0015132_21461914.jpg絵画と並んで、たくさんのStudy (下書きのデッサン)が展示されており、その繊細さにも驚きました。 初めは全て裸体で 角度や構図を何度も変えて描き、その次に衣類を着たデッサンで、特にドレープなどを繰り返し練習しています。素人の私には、その一つ一つが 完璧な美しさに見えました。

ヨーロッパの美術には キリスト教が深く関わっているので、クリスマスの時期と相まって クリスチャンではない私でも教会へ行ってみたくなります。 イギリスは イギリス国教会(ヘンリー8世が、ローマ教皇と対立した為、1534年にカトリック教会から独立させたのが始まり) といってプロテスタント系の教会が多いのですが、カトリック系の教会も かなりあります。

夕方から、Bond Street (有名ブランド店や宝飾店が軒を並べています)で クリスマスイルミネーションの点灯式があり 聖歌隊がコーラスを始めたので、道行く人達は足を止めて 聞き入っていました。 クリスマスまで あと一ヶ月ですね。
a0015132_2244062.jpg

[PR]