Maurizio Pollini Concert @Royal Festival Hall

a0015132_23511829.jpg先日、ポリーニのピアノコンサートに行ってきました。
彼は 60歳を過ぎていますが、1960年にショパンコンクールで優勝して以来 数々の音楽賞を受賞し 現在世界的に有名なピアニストの一人です。
今回は 全てショパンの曲でしたので、 ショパンの大好きな私にとっては 夢のようなひとときでした。円熟した技巧と深い解釈が伴った演奏は、本当に素晴らしかったのですが、いつも冷静な彼が 最後のソナタ(No 2)の頃から 情熱的(?)になり バラード4曲とスケルツオをアンコールで弾いてくれるという異例の出来事に、最後は会場も総立ちとなり ブラボーの嵐。 想い出に残るコンサートになりました。

今日のピアノは、ベーゼンドルファー。 普通のピアノは88鍵ですが、このピアノは低音部の鍵数を増やしてあり 92鍵あります。 そのため共鳴効果があり、音色にも一層深みが増すそうです。

a0015132_11271289.jpg
このWorld Class Piano Soloists Series, 内田光子さんを始め これから Zimerman、 Brendel と続き、豪華な顔ぶれで とても楽しみです。


               
[PR]