南アフリカ紀行 1 (Cape Town~喜望峰)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
今年は 平和な年になりますように。
皆様にとりましても、素敵な一年になりますように。

a0015132_23174780.jpg約3週間の南アフリカ旅行から 今朝ロンドンに戻りました。
時差は2時間しかありませんが、飛行時間は11時間半と長く、往復共に夜行便でした。日本からだと、香港から13時間の直行便があります。
日本の3.2倍の広さがあり、公用語は英語・アフリカーン語(オランダ語の変化した言語)など 11種類もあるそうです。

南アフリカというと、私は喜望峰・アパルトヘイト・サファリ 位しか思い浮かばなかったのですが、今回旅行してみて とても素敵な所だということが分かりました。 
飛行機の窓から見えてきたのは Table mountain です。 ここの頂上にはケーブルカーで行く事が出来、広大な植物園があります。
a0015132_21245931.jpg

ケープタウンは、抜けるような青空が広がり からっとしていて、気温は25℃位で快適でした。 気候、地形、雰囲気が まるでカリフォルニアのようだったので驚きました。 市内から約1時間半 半島(Cape point)をドライブをして、喜望峰(Cape of good hope)に向かいました。 眩いばかりの光の洪水を浴びて、久しぶりにエネルギーをもらった感じです。
a0015132_23185764.jpg

断崖絶壁を想像していたのですが、記念碑があるところは平らな岩場で 観光客が並んでいて順番に記念撮影をしています。15世紀に発見された時には アフリカ大陸最南端だと思われていましたが、実は最南西端だった場所です。 
a0015132_2373542.jpg

この近くには、ペンギンのサンクチュアリーがあり とてもきれいなところでしたので、白い砂と紺碧の海、そして可愛らしいペンギン達を見ていると 心が和み、いつまでも飽きませんでした。
a0015132_239299.jpg

[PR]