Wigmore Hall & Cadogan Hall 

a0015132_2274975.jpg
ロンドンでは、毎日いくつものクラシックコンサートが開かれています。
大きなコンサートホールでの迫力ある演奏もよいですが、私は気軽に行かれる中規模なホールでのアットホームな感じのコンサートも好きです。
Wigmore Hall (最寄り駅 Bond St)や、昨年オープンしたCadogan Hall (Sloane Square)は、音響も雰囲気もよいので、時々夫とふらっと出かけます。

先月は、Wigmore Hall の中嶋彰子さん(ソプラノ)のコンサート、 先日は 
Cadogan Hallでの榎本明子さん(メゾソプラノ)のコンサートに行きました。

今回はイギリスと日本の作曲家が自分の好きな詩に曲を作ったものを歌うという趣向でした。イタリア語や英語の歌も素晴らしいけれど、やはり日本語の歌が一番胸に沁み込んできます。

日本でのんびり育ったせいか、自己防衛や自己責任に関して、 いつも甘いと指摘されているので、海外生活で 気づかないうちに心身をガードしている私。 毎日たいした事をしていないのに 時々とても疲れてしまったりします。
 
この歌を聞いているうちに、氷が解けていくように 心が楽になり、解放されていくようでした。
a0015132_2292655.jpg


言葉     

愛しています。
a0015132_2284435.jpg
一千日もの燃える時間を潜り抜けて
初めて、さらりといえることば

草花にも 虫にも 小鳥にも 水をやるように 餌を撒くように
ふんだんに使い散らした言葉なのに
いっとう好きだったあなたには
のどが詰まりでもしたように
なぜか いえなかったことば

潮がひいた後の 砂浜みたいに
静かなときが来て
今 やっとさらりといえる

ここに 貴方がいないのに
もう 逢うこともないだろう
愛しています。
                  (by 新川和江   作曲 深町 純)

P.S.
来月も素敵なコンサートがありますので、お時間のある方は足を運んでみては如何でしょう。

4月24日(月) 小川範子(ピアノ)コンサート@Cadogan Hall
4月25日(火) 長谷川和香(ピアノデュオ)コンサート@Wigmore Hall
a0015132_2294719.jpg

[PR]