わたしを束ねないで

a0015132_1993534.jpg
わたしを束ねないで
a0015132_19405280.jpgあらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂
(中略)
わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名で しつらえた座に
坐りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
コンマやピリオド いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする
手紙のようには
こまめにけりをつけないでください
わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩
                              by 新川和江

ごめんなさい、束ねちゃって、、、
先日のお花のレッスンはハンドタイ(hand tied) ブーケでした。
最近のブーケは ワイヤリングして形作るのではなく、ステムを使った自然な流れが人気だとのこと。 楽しかったです。
[PR]
by halfmoon81 | 2006-05-03 19:18 | つれづれ