人気ブログランキング |

みんなちがって みんないい

a0015132_3384234.jpg
わたしが両手をひろげても
お空はちっともとべないが
とべる小鳥はわたしのように
地面をはやくは走れない

わたしがからだをゆすっても
きれいな音はでないけど
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ

すずと、小鳥と、それからわたし
みんなちがって みんないい

「わたしと小鳥とすずと」
         by 金子みすず


このあいだ、娘がふと言っていたこと。
学校では 「あなたって とっても日本人的よね」(自己主張しないとか、謙虚だという意味らしい) って言われるけれど、日本では 「日本語上手ですね~」(ということは外人だと思われている)って、言われるし 私って何なのかな。。。

自分のアイデンティティー、存在意義について 真剣に悩み始めるのってteenager の頃だったと記憶していますが さらに両親が違う国籍を持つ場合 それが複雑になるようです。

最近 同じような環境のお母様たちと お茶会兼読書会をしました。 お互いに相談したり、意見を交換することで 子供のことだけでなく、自分の本当の気持ちとも素直に向き合えたような気がします。

a0015132_574268.jpg今年 15歳の帰国子女 華江さん(日本&アメリカのハーフ)の書いた 「本を読むわたし-My Book Report」 からは、きらきらした感性が伝わってきます。
そして、彼女が12歳の時に書いた「小学生日記」 は、小学生の視点で書かれていますが 幼稚ではないところが流石です。 特に「本を読むわたし」の中の 卒業緋色 には やられました。
(娘の親友のRちゃん、教えてくれてありがとう!)
by halfmoon81 | 2006-10-13 23:53 | 本のこと